亀田清
トップページメッセージ活動レポート活動写真プロフィール後援会お問い合わせ


     このたびの栃木県議会議員選挙において無投票当選となり2期目を務めさせていただくことになりましたが、改め てその責任の重大さを実感し身の引き締まる思いでございます。
佐野市の明るい未来を創造するため、栃木県民の暮らしを豊かにするため、与えられた今後4年間皆様の負託にこたえるべく、粉骨砕身の覚悟で県政に取組んで参りますので引き続き皆様方の温かいご支援とご協力をお願い申し上げます。

【今後の抱負と県民の皆様へのメッセージ】
宇都宮市を中心とする都市核と我々の住む中山間地域の自然豊かな環境がバランス良くとれている栃木県ですが、物づくり県の技術力を生かした経済の活性化や農業の振興、観光立県を通して栃木ブランドの確立を図り栃木県の更なる飛躍発展の為、取り組んでまいります。

【県政への課題】
1)人口減少社会を迎える中、東京一極集中から地方への分散が叫ばれておりますが、地方の発展なくして地方創生、とちぎの創生はあり得ないと考えます。限られた地域資源を活かし若者が安心して定住できるよう雇用の創出や中小企業の活性化を進めてまいります。
2)団塊の世代が後期高齢者になる2025年には4人に1人が75歳以上という(所謂2025年問題)超高齢化社会を迎えますが、高齢者が安心して暮らせるよう地域医療、福祉、在宅介護等高齢者福祉対策の充実を図ってまいります。
3)少子化による児童・生徒数の減少は特に中山間地においては、教育環境に様々な影響を及ぼすことが予想されますが、より良い教育環境を提供するため小中義務教育の再編・統合問題等について地域住民の方々のご理解を得ながら積極的に取組んでまいります。
4)安心して子育てが出来る環境、女性が輝き働きやすい社会づくりを目指して積極的に取組んでまいります。


   
                     亀田 清(かめだ きよし)昭和22年12月26日生 栃木県佐野市戸室町637番地